メニュー

ぶっちーベース

家・ガレージ・庭のこと

ついに手を出してしまった極楽アイテム「ハンモック」

2019.08.14

  • (1)毎日がソロキャンプ的生活をしているリビングにハンモックをつけた。
  • (2)強度確保のための壁の奥にある柱探しが大変だった。。
  • (3)小さく揺れながら、大きめのオーガニックコットンの生地に包まれる心地よさがいい。

先日、親戚の来客があってぶっちーベースのリビングに足りないものが浮き彫りになったわけだけど、もうひとつ足りないものがあった。

キャンプサイトにはやっぱりハンモックが必要でしょ!d(・∀・)

ってことで、サイズとか取り付け方とかいろいろ調べて、ポチっとな!



シンプルで無地のオーガニックコットンのハンモック

危険な取付方法がイラストでわかりやすい

思ってたよりゴツかった取付具

リビングの天井にある梁は下半分しか露出してないために、吊るすタイプのハンモックは使えない。

ということで、壁に専用の取付具を打ち付けて、それにハンモックを吊るすタイプを選んだ。

両サイドの取付具は完全に対面してなくても、直角の位置にある壁でも大丈夫な模様。
大事なのは「距離と高さの関係」と「壁の強度」
距離が近すぎると、高い位置に取付具をつけないとハンモックが床に着いてしまうのだが、床に着かない位置で調整できたとしてもハンモックに乗ったときに「く」の字の角度が小さくなって寝心地がよろしくない。
逆に距離が遠すぎると、ハンモックの揺れ幅が大きくなったり、無計画すぎるとロープが届かない(さすがにそれは…w)という最悪な事態もあり得る。
で、今回一番苦労したのがもうひとつの大事な点「壁の強度」

ハンモックは「距離と高さの関係」と「両端の強度」が大事

一番強度が期待できる梁を支えている柱を探す。
その柱がいい位置になかったら、壁の下地を取り付ける間柱(まばしら)を探すことになる。

今回取り付けようとしているリビングの壁は珪藻土が塗られている。珪藻土が塗られていない露出した柱が2本あるが距離が5m以上あるから難しい。よって、珪藻土の奥にある柱を探すことに。

で、購入したのが「シンワ測定 下地センサー」。

電池を入れて、ボタンを押しながら動かすと柱の位置がわかるという優れもの。

んが、しかし。。

マスキングテープを壁に貼って、何回かやって印をつけてみたものの、「なんとなくこのあたりかなー」もわからないほどバラバラな反応を示す。。( ̄Д ̄ ;;

珪藻土だとセンサーが届かないのか。。
「なんとなく」でネジを打ち込むしかないのか。。


珪藻土の壁では柱をウマく検知できなかった下地センサー

腕組みをして「う〜ん」と考えていると、ひとつの可能性を思いつく。

すかさず、スマホを取り出して「Google Photo」を開く。
「壁が貼られる前だから…2月くらいか…?」
探したのが建築中に撮った写真
壁が貼られる前の写真を見て、梁と柱の位置関係がわかればいけるかも。

さすが!よく撮ってた!
見つけた写真から柱の位置を推測。梁のほぼ真下にあるのは間違いないのだが、柱の太さと取付具の大きさを考えると数センチの誤差が大変なことになる。

左右の位置、床からの高さを印つけて、いざ打ち付け!

建築中に撮った写真が役に立った!

取り付けに関する説明書をみる。

「For wooden beams use a drill bit with a diamenter of 1-3mm depending on the respective hardness of the wood.」

もちろん、Google翻訳で…( ̄∇ ̄; )

「木製の梁には、木材のそれぞれの硬度に応じて、直径1-3mmのドリルビットを使用してください。」

なるほど。1〜3mmの下穴を開けろってことね。
失敗するのがコワいから、建築の時に出た端材で下穴の大きさを試してみる。

ん??(・∀・ ; ) ??
4mmの下穴を開けても、ネジを入れるとミリミリ鳴る硬さ。。端材が特別硬い材質なのか。。?

キツいからといって下穴を大きくすると強度に影響が出る可能性もあるから、結局3.5mmのドリルで下穴を開けた。

結果…

3.5mmの下穴でもやっぱりキツい。。脚立に乗りながら、インパクトドライバーに体重をかけて締めることに…
未だによくなっていない「TFCC損傷」と思われる症状の手首にも負担がかかってキツい。。( ̄^ ̄;)

ネジ山を少々削りながらも固定完了。

苦戦しながらも取付に成功!

ここまでくればあとはカンタン。
説明書を見ながら、ロープで取付具とハンモックをつないで完成!!

さっそく横になってみる。
ドリフみたいに柱が倒れそうでコワい。。

4〜5回乗り降りすればもう安心。(*´ー`*)

大きめのオーガニックコットンの生地に包まれて心地よい…( ˘ω˘ ) スヤァ…

ソロキャンプ的生活を送るリビングにつけたハンモック

小さな揺れも心地よい…

リビングを横断?縦断?するような位置への取り付けだから、使わないときは一方の取付具にまとめて引っ掛けておく。

ちょっと疲れて横になりたいときとか、最高だろうなー(*´ー`*)

使わない時は階段側にまとめて掛けておく

ちなみに!!
次に狙ってるのがコレ!!

ガレージは吹き抜けになってるから、梁に巻きつけるだけで設置はカンタンそう!


いいお値段するぜぇ。。ヾ(´・ω・`)ノ”