メニュー

ぶっちーベース

フリーランス・仕事のこと

薪ストーブをつくっている人に会ってきた

2019.04.15

  • (1)商工会の紹介で薪ストーブをつくってる人にアドバイスをもらいに行ってきた。
  • (2)やりたいことは理解してもらえたが「コンセプトの詰めが甘い」と。
  • (3)第三者的な目線でアドバイスをもらうのってやっぱり大事。いい人に出会えた!

商工会から紹介してもらって先日電話でアポを取ったソロキャンパー向けストーブづくりのアドバイスをもらえそうな人に会いに行ってきた。

参考にしたストーブの実物3つと、いま思い描いているメモを持って。
この3つのストーブのいいとこ取りをして、さらにどれも実現できていない+αを実現したい。

ちょっと風は強かったけど、いい天気だからバイクでお出かけ。やっとバイクの季節になったねー(´∇`)

ざっくばらんにいろいろ話した。
二次燃焼のこととか、金属特性のこととか、ビジネスのこととか、もちろんいま思い描いているメモのことも。

機密情報のため内容は省略!(`・ω・´ )

この日の結論としては「コンセプトの詰めが甘い」ということ。
あれもこれもとやりたいことだらけで、このままではオプションだらけの超多機能ストーブになってしまう。それを目指すのもいいのだが、まずはシンプルで高性能を目指したい。シンプル・イズ・ベスト。d(・∀・)

とはいうものの、帰り道でもいろいろ考えたけどソロキャンパー向けのサイズ・重さ(コンパクトで軽い)で高性能(高温を持続する)ってのがそもそも難しいのかも。。

会った人にはコンセプトが固まったらまたおいでと行ってくれた。
実際の設計段階までいけばアドバイスもしてあげると。
なんの金属を使うことになっても、金属加工業者も紹介してあげられると思うと。

ありがたいねー(TД T )

せっかくいい人に出会えたのだから、もう一度、自分で使うシーンをイメージしながら考える。