ぶっちーベース

メニュー
家・ガレージ・庭のこと

キューブ型薪棚のビニールシート屋根が崩壊寸前…

2019.03.31

  • (1)明日から4月だというのに天気予報にもない降雪・積雪。
  • (2)2週間前につくったキューブ型薪棚の簡易屋根は雪の重みで崩壊寸前…
  • (3)屋根に斜面をつけないキューブ型にはこだわりつつ対応検討中。

この日も庭の枝木の整理をしに出掛けたものの、天気予報になかった雪が…それもぱらつくだけじゃない数cmの積雪。

東京では桜が満開の時期。

これが長野県の山の気候

先週ぐらいにちょっと暖かい時期はあったけど、ゴールデンウィークぐらいまでは冬タイヤのままがいいらしい。

11〜4月が冬タイヤというイメージだろうか。
このあたりは雪が積もるのが一時的だから、タイヤが擦り減るのが早いのが悩ましい。
エコ運転を心がけてタイヤを大事にするしかない。

3月の最終日に予報になかった雪

さて、家の進捗具合はというと、2階部分の外壁には色付きの石膏(?)が塗られて、足場も外されていた。
玄関ドアもついて、エコキュートも設置されて、残すは玄関部分とガレージから外に出る部分のアプローチぐらいかな。

屋内も居間の床に無垢の木が着々と張られていた。

ココに住む日が近づいてきている…( ̄∇ ̄)

外観は足場が外れて残すはアプローチ

屋内は居間の床に無垢の木が張られる

家の裏にまわってみる。

2週間ほど前に単管パイプで作ったキューブ型薪棚。

ビニールシートを張って屋根を簡易的につけていたのだが…

春先のこの重い雪が溜まって崩壊寸前…(´・ω・`)

なんとなく想像はできていたから、「やっぱりね〜」という感じではあった。

雪が積もった崩壊寸前のビニールシート屋根

でも、ここまで水が溜まっても崩壊しなかったことがスゴい。
キャンプしてテント立てたり、タープ張ったりする中で得たロープワークスキルがこんなところで活かされた。

ちなみに、ロープワークの参考書として買ったのがコレ。価格的にも安いKindle版もあって外出先でいつでもスマホで見られるのがいい。

この日は溜まった水を流して終了。まだ雪が積もりそうだから水が溜まらない状態のままで。

なんらかの対策を考えなければ。

シートの下に板を入れるとか、

単管パイプを上面にも2本入れるとか、

ワンポールテントみたいに中心を高く支えるとか…

とりあえず水が溜まらない状態で対応検討…

できるだけ、手間もお金もかからない方法を探りたい。
もしくは、手間もお金もかかっていいから半永久的に使えるもの。
中途半端に手間がかかって長持ちしないものは避けたい。

あと、できればキューブ型にこだわりたいから、屋根に傾斜をつけるのは避けたいなーって…

変なこだわり発動中。( ̄∇ ̄; )

つづく。