メニュー

ぶっちーベース

家・ガレージ・庭のこと

裏庭に出るドアの位置変更が伝わっていなかった。。

2019.01.13

想像よりもデカく感じる外観

窓枠がはまる部分は切り抜かれる

ドア位置変更後をペンで書いてくれてひと安心

  • (1)建築過程を見ていたらドアが希望の位置と違うことが判明。
  • (2)まだ修正できることを知り、ひと安心する。
  • (3)せっかくの注文住宅、生活導線を考えたつくりにしないともったいない。

いつものように現地へ行って土地の枝木の整理に。

屋根ができて見るのはこの日で2度目だけど、イメージしてたよりだいぶデカい!
土地999m²に対して1階の床面積は81.147m²。建ぺい率は10%以下なのだが、やはり高さが7mあるからデカく感じるのだろうか。。
いまさらだけど、やっぱり平屋がよかったかな。。( ̄∇ ̄; )

今日は作業がお休みのようだから、シートをめくって中をちょっと覗いてみた。
窓枠がはまる位置もくり抜かれて、部屋のかたちもなんとなくみえてきた。
当初の希望よりはだいぶ狭いけど、それでもバイク2〜3台は余裕で置けて、広いテーブルも置ける十分な広さ。

と、その時気付いた!∑( ̄O ̄;)

裏庭から出入りするドアをひとつ付けてもらうのだが、当初はリビング側につけようとしていた。
設計図ができて見せてもらったときに、ドアの位置はガレージ側にして欲しいと伝えていたのだがそれが伝わっていなかったようだ。。

裏庭には薪棚をつくろうとしており、薪を取りに行くための導線としてドアつける。
薪ストーブはリビングにあるからリビング側にドアがあった方がいいように最初は思えたが、靴やサンダルがあるのは玄関orガレージ。毎回、靴を持ってリビングを往復するのは面倒。それと薪の表面の最終乾燥をガレージで1〜2週間程度と考えた結果、ガレージにドアがあった方がいいという結論になった。

って話を工務店さんに伝えたと思っていたのだが伝わっていなかった。。
次の日にでも電話しようと作業をしていたところ、近所に用事があって寄ってみたと工務店さんが来てくれた。

雑談をしたあと、ドアのことを話すとまだ間に合うとのこと。
よかったーε=( ̄。 ̄;)

ペンでハッキリ「ドア」とシートに書いてくれて、これで安心。
せっかくの注文住宅。生活導線をちゃんと考えたつくりにしないと意味がない。

枝木の整理もだけど、家ができていく過程をちゃんと見ていくのも大事だと思った。