メニュー

ぶっちーベース

フリーランス・仕事のこと

金融会社とのやりとりから思ったフリーランスとして大事なこと

2018.12.12

  • (1)つなぎ融資日が変更になるだけで契約変更の書類のやりとりが必要になった
  • (2)今回対応してくれた金融会社の人は丁寧で気持ちよかった
  • (3)フリーランスが仕事をしていく上で大事なことを改めて考えるきっかけになった

つなぎ融資2回目の書類が届く。建築許可関係の書類提出が遅れてしまったために融資日が変更になり契約変更の書類が必要になるそうだ。。
日付の変更だけで収入印紙代がさらに200円。。( ̄^ ̄;)
額ってより手間がね。。

それはまーいいとして今回電話対応してくれた人はものすごくいい対応だった。前回前々回は専門用語並べられて一方的に言いくるめられる感じだったのが、ひとつひとつ丁寧に説明してくれて気持ちいい対応をしてもらえた。指名できるならこの人をぜひともお願いしたい。利用者がつけるポイント制度とかあったら、この人の給料上がるだろうなーって思ったり。この金融会社がどういう評価制度かはわからんけど、上司がする評価なんかよりよっぽどいい気がする。

なんてサラリーマン時代の評価制度への不満を思い出したり。( ̄∇ ̄; )

そう考えると、フリーランスの評価はわかりやすい。

次の仕事の話が来るか来ないか。
一度仕事をすると相手のことを知れるから、多少の短所があっても次の仕事はやりやすくなる。にも関わらず話が来ないってことは一緒に仕事をしたくないと思われているということ。なにがダメだったのかを振り返る必要があるって思う。(もちろん先方に振れる仕事がないって可能性もなくはないが…)

リピーターを増やして、顧客満足度を…なんていう、会社のブランディングと同じ。どのマーケットでどういうポジションのブランディングをしていくのか。。

なにをいまさら。。(´・ω・`)

クライアントのウェブつくるとき考えてたじゃん。
同じことを自分にもするだけ。ちゃんと考えよう。。