メニュー

ぶっちーベース

家・ガレージ・庭のこと

家の基礎が作られる場所が整地される

2018.11.25

抜根から6日。建築場所が整地され、いままで土と草木しかなかった場所が「人が暮らす」感じが出てきた。家ができたイメージを妄想しつつ、陽当たりもよく、夕焼けもキレイなこの土地を選んでホントによかったとしみじみ。枝木を整理する重労働もテンションあがって捗った。

この日もカップ麺と水、ケトル、ガスを持って土地の整理に。
先日抜根した根っこをどう処理するかも考えないととジムニーを走らせる。

着いて土地を見るとちょっとテンションあがった!

抜根した場所が整地されて砂利がひかれていた!
今までの土や草木だけではない姿に。
足場らしきものも置かれてた。

ここに家が建つんだなーと、しばし妄想。( ˘ω˘ ).。oO(…ついにマイホーム…)

土地の奥の方は土がかなり削られて思ってた以上の段差ができていた。
基礎の半分ぐらいは土に埋まるらしいから、実際はもうちょい段差が低くなると思われるが…真っ平らにするのはムリだろうな。。

そして霜柱。
まだまだ土が凍るほどの気温ではないし、陽が当たる場所はすでに溶け始めている。
陽当たりいい土地だからね!
この日の日中は上着がいらないぐらい。

この日も日没まで作業。
夕焼けもすばらしい。。(*´ー`*)