ぶっちーベース

メニュー
フリーランス・仕事のこと

将来的に考えているネット販売の手段を整理してみた

2018.09.12

地元ウェブ制作会社からのECサイトの仕事依頼のついでに整理してみた。ウェブで物販するときの方法。カート落ちとかコンバージョン率とか細かいところを気にする前に、もうちょっと高いところから見て考えるべきことがある。

先日ご挨拶に伺った地元のウェブ制作会社から電話がきて、お願いしたいことがあるとのことで話を聞きに行ってきた。
内容としてはECサイトのリプレース。全部きっちりやるパターンと最低限やるパターンとふたつの見積りをつくることになった。

それはそれでちょっと調べて工数計算をするとして…
これをいい機会に将来的に自分で運営する物販のことを考えてみた。

ちょっと前までは、ウェブでモノを売る選択肢はamazonやYahoo!、楽天といったショッピングモールに出店する方法と自前でECサイトを構築する方法、もしくはオークションサイトへの出品というのが選択肢だった。
いまは選択肢がさらに増えている。BASE(ベイス)やSTORES.jpのようなASP型のサービスもあれば、メルカリのようなフリマサービスもある。

いま売ろうと考えているモノはどこでどう売るといいのだろうか。

かなりの売上が見込めるなら自分でECサイトを構築するのが一番だけど、所詮はフリーランスがひとりで売るレベル。個人情報を扱うシステム構築なんてしたくない。リスクがデカすぎる。
今回もらった仕事の依頼もそうなのだが、どの規模まで売上・粗利があると自サイト構築するメリットがあるのかも気になる。売上・粗利より運営体制が大事な気もするが…
「アレ(秘密)」とか「アレ(秘密)」みたいな一品モノならメルカリが相性よさそうだが…
こんな消去法で考えるとショッピングモールとASP型の選択肢の2択。プロモーションの手間を惜しむならショッピングモール1択、売るモノの世界観をつくりたいならASP型の1択ってところだろうか。皆が使い慣れているショッピングモールであればカート落ちなんて気にする必要はない。あと販売手数料を考慮するのも大事。

ここ数年でパソコンからスマホへの主要デバイスの変化も早かったし、仮想通貨もこの先注視しなければならない変化。自ECサイトを一度つくるとこれらの技術的な変化についていく大変さってもの当然出てくる。

ちなみに、みんな大好きWordPressでもECサイトつくれるみたいだけど問題外。候補にすらあげない。