ぶっちーベース

メニュー
フリーランス・仕事のこと

仕事の進め方が大事だと改めて思った残念なできごと…

2018.09.20

移住して仕事する相手が変わったときこそ、ていねいなコミュニケーションで仕事を進めないと。お互い違う文化で育ってるとすれ違いも多くなるってことを実感したできごと。

うまくまわらない仕事が続いた。
立て続けに起きたふたつのできごと。ちゃんとやっていれば防げたかもしれないことだから、ちょっと反省。。

ひとつめは、とある依頼をされて見積りを出したら「高いから今回はなし」でスパッと話が終わってしまった件。

話を聞いたのは制作会社で、その先にいるクライアントがいる商流。この段階でクライアントと直接やりとりすることはできなかった。

そんな中で見積りをつくったのだが…
クライアントは個人商店をつくろうとしていたのに、スーパーつくるぐらいの見積りをつくってしまったみたい。。

個人商店つくるならそれなりのやり方があるわけで、やることを変えてコストを抑えることはできる。
なのに、単純に数字だけをみて高いからって話が終わるのは納得できない。
せめてそこから改めてやることを整理してもう一度見積りって流れになればよかったのだが、制作会社の意向なのかスパッと終わってしまった。。

予算感聞かないと見当ハズレの提案になるかもしれないと、もっとクギを刺しておくべきだった。。

ふたつめはクラウドワークスでの出来事で、よくありがちな追加要件で揉めた件。

制作会社からの依頼でその先にクライアントがいる商流。5万円以下でサクッとできるWordPress案件ってことで受けた。

スピード重視で「コレ」と「コレ」ができていれば問題ないという話だった。
にも関わらず、どうも話が膨らむ。。

金曜の20時に「今日中に」って依頼くるし。。

制作会社のクライアントコントロールがうまくいかず、結局完成するまで1ヶ月。。
金曜夜に急いでやった意味がわからない。。
やることが変わらなくても期間が延びると多少なりの管理工数が増えるが、今回の場合は予算も少なそうだしそれはないものとして見てきた。

そんなとき、完成間近できた追加要件。
追加工数を主張したら「えっ?」って反応。

「100万円の案件ならサービスできますが、5万円以下の案件でサービスできる内容ではありません。」
って返したら、
「こんな小バカにされたのはじめて」って言われた。。( ̄Д ̄ ;;

クライアントコントロールできない理由がわかったようき気がする。。

クライアントへの追加工数も請求できない関係なんだろうね。。
こういうディレクションやってると制作者はいつまで経っても恵まれない。

ちゃんと要件を制作会社と共有しながらやれば防げた。。のかな。。( ̄∇ ̄; )

今まで制作会社でやってきた進め方をちゃんとやらんとなって改めて思った。

仕事欲しいからといって、相手のやり方に合せたり、ご機嫌とりしているとうまくまわらない。
移住すると仕事する相手も増えてくる。当然育った文化が違う相手もいる。端折らずにていねいにやらないと。