ぶっちーベース

メニュー
家・ガレージ・庭のこと

梁がカッコいい地元工務店にお願いすることにした

2018.09.20

違うタイプの工法の工務店選び。どっちもいいところがあって選ぶのにはひと苦労。楽しい苦労ではあるのだが、いつまでも悩んでるわけにはいかない。寒冷地の建築は真冬に入る前までに外壁・断熱工事を終わらせなければ、数ヶ月単位で完成が遅れることも。スパッと決断することも大事。

先日伺った2軒の工務店さんから間取り案と見積りが届いて、どちらも予算内でいけそうだし満足できる間取りも実現できそうなことが確認できた。

ということで、やってきた贅沢な2択。

両方の資料を並べて1時間ほど悩んだ結果、やっぱり丸太の柱と梁の構造がカッコいいポスト&ビーム工法かなーってことで、細かいところの確認に。
細かいところというのは、あらゆるドアを引き戸にしたいとか、オール電化にしたいとか。それらがクリアできれば決めてしまおうと工務店さんに電話して時間をつくってもらい、事務所に伺った。

気になる点を質問しまくって ¿(・・)? 最終決断するための材料を得る。この工務店の人はメールだとそっけない感じの人だけど、実際に対面して会話すると、ひとつ聞けばふたつみっつの内容が返ってきて勉強になることが多い。
これから先もできるだけ実際に顔を合わせて進めていった方がスムーズに進みそう。

ということで、せっかく手が届くように調整してくれたHONKA(ホンカ)の工務店さんにお断りの電話。申し訳ない。。ログハウスは憧れではあったのだが、やっぱり日本人ってことなのかな。。( ̄∇ ̄; )