ぶっちーベース

メニュー
フリーランス・仕事のこと

これから先に必要なスキルを考える

2018.08.21

先日アポを取った地元のウェブ制作会社にご挨拶に行ってきた。直近困っていることはないとのことだがエンジニア的な存在は貴重とのこと。その帰り道&自宅で改めて考えた。今後伸ばすべきスキルってなんだろう。。今後どう営業していこう。。

ご挨拶にいったウェブ制作会社の方々はとてもやわらかい感じの人たちで、「行ってよかった〜(*´ー`*)」と帰りのクルマの中でニンマリしていた。もちろん人柄も大事なのだが、もっと大事なのが仕事。いまいまはいい感じに仕事が流れているらしいのだが、案件が重なるときは結構忙しくなるらしい。
このあたりはウェブ制作業界どこでも同じなんだなー( ̄∇ ̄; )
その時にヘルプを依頼というのはあり得そうとのこと。

可能性がゼロじゃなくてよかった!

で、話はお手伝いできそうな具体的な内容に。
最初にコンタクトを取ったとき「デザインよりはエンジニア方面が強い」ということは伝えていたために、エンジニアスキルとしてどんなことができるのかという話になった。

業務レベルで大規模なシステム開発に携わったことはないし、エンジニア系でやったことといったら「あの会社のお問い合わせをつくった」とか、「あのサイトのあのキャラクターの成長をMySQLに保存するPHPを書いた」とか、「あの会社のお申込みフォームのフロントバリデーションjsを書いた」とか、「あのサイトのマイページ内のフォーム関連のjsを書いた」とかぐらいかな。コミュニティサイトやECサイトに携わったときはディレクタって立場だもんな。。

そう、今まではディレクタ中心でやってきたから、エンジニアとしての実績はあまりない。。

今回話が出てきたのは、WordPressやEC-CUBEだからやってやれないことはない(たぶん)。
が、この先どこまでエンジニアのスキルを伸ばせばいいのだろうか。。いや、そもそもエンジニアとしてやっていきたいのか。。?? (・∀・ ; ) ??

移住を決めたときはあまり深く考えなかったけど、改めて今後の営業方針を考える必要があるかもしれない。クラウドワークスでも単価が高くない案件しか受注できていない中で単発案件を繰り返しても疲弊するだけ。。

自分が持っているスキルをすべて活かそうとすると、ワンストップ・ウェブ制作なのは間違いない。コンサル、ディレクション、UX/UI、デザイン(得意分野じゃないけど)、エンジニア、ウェブマーケ、レベルに差はあるがとりあえずはできる。これを武器に営業するとなると地元企業に飛び込み営業!?

いや、それだったら、スーパーエンジニアになった方がクラウドワークスでも単価高いの受注できていいかも!?

そんなことを考えていたはずなのに、気付けば大阪桐蔭vs金足農業に釘づけに!ヾ(*´∀`*)ノ
今年の甲子園は長かったー。疲れた!

え? ∑(^∇^;)
営業方針は追々考える。。