ぶっちーベース

メニュー
家・ガレージ・庭のこと

ハウスメーカーの候補BESSのモデルルームに行ってきた

2018.08.31

『「住む」より「楽しむ」』というコンセプトのハウスメーカーBESS。バイクを屋内に置いたり、リビングをキャンプ場のサイトみたいにして生活をしたいぶっちーにとってはおもしろそうなコンセプト。駒ヶ根にあるモデルルームを見学してきた。

「不常識人 COUNTRY LOG」

「ジャパネスクハウス 程々の家」

「WONDER DEVICE χ(カイ)」

ハウスメーカーの候補のひとつであるBESS(ベス)。茅野の近くでは松本と駒ヶ根にモデルルームがあるらしい。今回はウェブで見ていい感じだと思った「程々の家」のモデルルームがある駒ヶ根BESSのモデルルームに行ってきた。

中央道を使ってクルマで1時間ほど。愛車ジムニーでお出かけするこれまでの最長距離。ターボついてるジムニーは高速も難なく走ってくれる。

平日の朝一だったために見学者はひとりだけ。受付を済ませて貸切状態でまわった。

駒ヶ根BESSには実際に3つの家が建っており、中も自由に見学することができる。生活しているかのような家具の配置がいい。

やっぱログハウスはいいねー。

ひとつめは「不常識人 COUNTRY LOG」。築23年らしい。天気は小雨だったせいか家の中はちょっと暗い感じがする。建てる向きの問題? 照明のせいでもあるのかな? 天気悪くても日中は電気つけずに過ごせるくらいの明るさは欲しい。

ふたつめは本命の「ジャパネスクハウス 程々の家」。ウッドデッキの部分も含めて外観はいい感じ。なんだけど、ひと部屋を大きくして過ごしたいと思っていたから、少し狭く感じる。間取りの変更はどこまでできるのだろうか。。

みっつめは「WONDER DEVICE χ(カイ)」。これが一番理想に近いかもしれない。細かい間仕切りが少なくて、1Fのリビングを半分土間みたいにできればバイクを屋内に置ける。ログハウスっぽくはなくむしろガレージに近い雰囲気。悪くない。

実物を見るといい感じに思えるのだが、どれも2階建てで平屋はなし。こだわっているバイク置くスペースなんてあるわけないからなんらか手を加えないとダメ。価格表見ると予算内には収まりそうだが、手を加えると当然コストがかかる。そもそもカスタマイズできるのだろうか。。

3軒目を見終えようとしたときにBESSの人に話しかけられた。
今回の家造りでやりたいことを話す。その中で特にこだわりがあるバイク置き場の話をするとオプションで土間にできるプランがあると教えてくれた。十分な広さではないけどこれならOK。そのオプションがついて予算もギリ収まるかどうか。。あとはバイクの侵入経路をどうするか。。ウッドデッキまでのスロープをつくる。。(´・ω・`)?

もうひとつクリアにしておきたかった、つなぎローン問題はなんとかなりそう。若干、着工金が融資上限を超えるが手持ち資金でまかなえる範囲。このぐらいを立て替えるぐらいなら問題なし。

希望通りでないところは多いが、とりあえずなんとかなりそうという感触はできた。
現時点でひとつの候補にはなった。あとはHONKA(ホンカ)がどうなるか。。高そうだからなー