ぶっちーベース

メニュー
家・ガレージ・庭のこと

住宅ローンの本格的な調査に入る

2018.06.16

新居建築が現実的になってから、そろそろ住宅ローンについてちゃんと調べてみた。2ヶ月ほど前にひとつ仮審査が通ったが、どうやら単純に総額が収まればいいってわけでもなさそうだ。。

調査に入るきっかけになった衝撃的な事実…

住宅ローンって家がないと貸してもらえないらしい

「これから土地買って家建てるので貸してく〜ださい!」(´∇`)

ってのがダメらしい。

完成した住める状態の家がないと貸してもらえない。

では、土地代とか工務店さんに支払う着工金はどうすんのか。

つなぎ融資という住宅ローンを借りる前提でのローンがあるらしい

ざっくり書くとこんな流れ。

  • 1.まずは買う予定の土地と建てる予定の家の設計やらを決める。
  • 2.それを住宅ローン+つなぎローンの審査に出す。
  • 3.審査が通ったら、つなぎローンで住宅ローン総額の一部を借りる。
  • 4.借りたお金で土地を購入し、工務店に着工金を支払う。
  • 5.家が完成する!ヾ(*´∀`*)ノ
  • 6.家が設計通りに建てられているかをチェックする。
  • 7.住宅ローンを借りる。
  • 8.借りた住宅ローンで、つなぎローンの借入を返済し、工務店に残りの代金を支払う。
  • 9.何十年もかけて返済する。。( ̄Д ̄ ;;

ε=( ̄。 ̄;) 複雑…これでも詳細は端折ってる。

端折った部分で大事なところは…

つなぎローンにも当然利息がかかる!

つなぎローンを借りてから12ヶ月以内に家を建てて住宅ローンを借りること!

つなぎローンは数回に分けて借りる。(土地・着工・中間・引渡など金融機関によって異なる)

多少複雑ではあるが、このルールに従ってキャッシュをまわせるようにすればいいわけだ。

なかなか知った気になってきた!d(・∀・)